ホーム>> 診断薬試薬/研究試薬 >> 抗体>> hP53-mAb clone BP53-12 / ヒトp53抗体

hP53-mAb clone BP53-12 / ヒトp53抗体

Anti-Human p53 Monoclonal Antibody clone BP53-12

概要

本製品は、組換えヒトp53 蛋白をマウスに免疫後、マウスの脾臓細胞とマウスミエローマ細胞を融合して得られたハイブリドーマを無血清培養し、培養上清からProteinGによりアフィニティ精製をしたものです。
p53は、 転写因子として働き、染色体損傷を受けた細胞内での細胞周期進行の停止を制御(遺伝子修復酵素の活性化・アポトーシス誘導能)します。p53 遺伝子に点変異が生じると機能を失い、様々な腫瘍の原因となります。一般的には、癌化した細胞ではp53 濃度が5-1,000倍に上昇します。これは変異型p53 の半減期が野生型に比べて長い(20分→4時間)ことに起因します。P53 は核に局在しますが、変異型の場合では細胞質と核に分散して存在することもあります。
血中抗p53 自己抗体とp53 遺伝子の変異には、相関があるとの報告があります。P53 遺伝子の変異と初期癌の有無に相関があることから、血中抗p53抗体は臨床検査に利用されています。

製品仕様

サブクラス: マウス IgG2a
交差性: ヒト (以外は未評価)
エピトープ: p53 蛋白 N 末端領域
製品形態: 精製抗体/PBS (-)溶液
保存条件: 冷凍 (-70℃以下)
濃 度: 0.8- 1.2 mg/mL (Abs. 280 nmより換算)
純 度: 90% 以上(SDS-PAGE)
品質規格: IHC及びWBで反応性を確認しています。
容 量: 100 μg
※本製品はロット毎に製品仕様項目を品質確認ずみです。

基本データ


Fig.1 乳癌組織(パラフィン切片)免疫染色 中拡大像:
癌部の細胞において、核の染色以外に細胞質の染色も観察された。


Fig.2 5-FU 処理したMCF-7 核画分Lusate を用いたウェスタンブロット分析像:
5-FU による変異誘導の強度依存的にp53 の核への集積が確認された。
非特異的なバンドはほとんど確認できず、高い特異性が確認できた。

(写真提供:市立奈良病院 病理部 今井俊介先生)

価格

製品番号包装 
47012000100μl
バルク

参考文献

Bartek et al., Oncogene, 5: 893, (1990)
Shimada H. et al., Cancer 97, 682 (2003)
Hollstein et al., Science, 253: 49, (1991)
Lane,D.P., Nature, 358: 15, (1992)

※本品は研究用試薬であり、医薬品ではありません。