ホーム>> 診断薬試薬/研究試薬 >> 抗体>> IDO-MCA / インドールアミン酸素添加酵素

IDO-MCA / インドールアミン酸素添加酵素

Indoleamine 2,3-dioxygenase: IDO
ANTI-HUMAN INDOLEAMINE 2, 3-DIOXYGENASE MONOCLONAL ANTIBODY

概要

インドールアミン酸素添加酵素(Indoleamine 2,3-dioxygenase: IDO)は、ヒトの肺、小腸、胎盤など多くの組織に分布し、種々の感染症や炎症で強く誘導されトリプトファン代謝を著しく亢進します。(1)
IDOは免疫システムにおいて重要な役割を担っており、特に、樹状細胞のあるサブクラスに発現するIDOは抑制性T細 胞を誘導し免疫寛容(免疫抑制)の成立に関与します。(2)
また、IDOは多くの悪性腫瘍に高発 現し、エフェクター細胞やNK細胞を不活化し、免疫系による腫瘍の排除を回避します。(3-5)
悪性腫瘍の予後診断マーカーとしても注目されています。 (6-8)
一方、中枢神経系におけるIDOの誘導は神経毒キノリン酸を産生し、アルツハイマー病やエイズ認知症などの神経変性疾患への関与も疑わ れています。(9-10)

特長

・免疫組織染色(パラフィン切片可)、ウエスタンブロット、ELISAに使用可能

製品仕様

抗原: 精製ヒトIDO
サブクラス: IgG1
濃度: 1mg/mL
溶媒: PBS(NaN3 0.05%含)
容量: 100μg
納品形態: 冷凍

基礎データ

■精製ヒトIDOを用いたELISA

精製ヒトIDOをplateに固相(2μg/ml, 100μL/well)し、IDO-MCAを段階希釈し加えた(100μL/well)。
2次抗体はHRP-conjugated anti-mouse IgG を用い、450nmの吸光度を測定した。

■卵巣癌におけるIDO発現の検討(ウエスタンブロット)

Lane1: Positive Control(胎盤組織)
Lane2-7: 卵巣癌サンプル
データご提供: 名古屋大学医学部産婦人科井箟一彦先生

■子宮体癌組織におけるIDO免疫組織染色

A, B, C, D: 子宮体癌IDO陽性サンプル
E: 子宮体癌IDO陰性コントロール(IDO-MCAの代わりにマウスノーマルIgGを使用)
F: 胎盤IDO陽性コントロール
データご提供: 名古屋大学医学部産婦人科井箟一彦先生

価格

製品番号包装 
47150000100 μg
バルク

参考文献

  1. Takikawa O.
    Biochemical and medical aspects of the indoleamine 2,3-dioxygenaseinitiated L-tryptophan metabolism.
    Biochem Biophys Res Commum.2005 Dec 9;338(1):12-9. Review.
  2. Mellor AL, Munn DH.
    IDO expression by dendritic cells : tolerance and tryptophan catabolism.
    Nat Rev Immunol.2004 Oct;4(10):762-74. Review.
  3. Uyttenhove C. et al.
    Evidence for a tumoral immune resistance mechanism based on tryptophan degradation
    by indoleamine 2,3-dioxygenase.
    Nat Med.2003 Oct;9(10):1269-74.
  4. Munn DH, Mellor AL.
    Indoleamine 2,3-dioxygenase and tumor-induced tolerance.
    J Clin Invest.2007 May;117(5):1147-54.Rview.
  5. Della Chiesa M. et al.
    The tryptophan catabolite L-kynurenine inhibits the surface expression of
    NKp46-and NKG2D-activating receptors and regulates NKcell
    function.
    Blood.2006 Dec 15;108(13):4118-25.
  6. Okamoto A. et al.
    Indoleamine 2,3-dioxygenase serves as a marker of poor prognosisin gene expression profiles of
    serous ovarian cancer cells.
    Clin Cancer Res. 2005 Aug 15;11(16):6030-9.
  7. Ino K. et al.
    Indoleamine 2,3-dioxyganase is a novel prognostic indicator for endometrial cancer.
    Br J Cancer.2006 Dec 4;95(11):1555-61.
  8. Nakamura T. et al.
    Expression of indoleamine 2,3-dioxyganase and the recruitment of Foxp3-expressing regulatory T cells
    in the development and progression of uterine cervical cancer.
    Cancer Sci. 2007 Jun;98(6):874-81.
  9. Kwidzinski E, Bechmann I.
    IDO expression in the brain: a double-edged sword.
    J Mol Med. 2007 Jun 27.
  10. Guillemin GJ. et al.
    Indoleamine 2,3 dioxygenase and quinolinic acid immunoreactivity in Alzheimer's disease hippocampus.
    Neuropathol Appl Neurobiol. 2005 Aug;31(4):395-404.

※本品は研究用試薬であり、医薬品ではありません。